静岡県静岡市葵区の動物病院 昭府獣医科
当院・施設紹介 診療スケジュール 健診・検査のススメ 医院からのお知らせ うさぎちゃんのお部屋
トップページ > うさぎちゃんのお部屋 > うさぎちゃんの春・夏の過ごし方


うさぎさんの春・夏の過ごし方


うさぎの過ごしやすい気温

ウサギは温度や湿度の変化に敏感なため、四季にあった世話が必要になります。
室内のケージで飼われているペットのウサギは、野生のウサギとは違って 自分で過ごしやすい環境の場所に移動することができません。 夏、冬、梅雨の時期には、うさぎさんが体調を崩さないようにそれぞれの時期にあったウサギさんの周囲の環境を整えてあげる必要があります。
うさぎにとって快適な環境は、温度は1825度、湿度4060パーセントといわれています。   


うさぎの暑さ対策

夏はもっとも注意しなければならない季節。
ウサギは毛で覆われているため人が感じているよりも暑く感じていることを理解します。
うさぎは汗をかくことができないので、主に呼吸と飲み水、耳からの放熱で体温調整します。

それゆえ、発汗による体温調節ができないので、夏場には体温が下がりにくくなります。そして、元気がなくなったり、食欲がなくなったりします。
室内飼育の場合には部屋の温度が上がらないように注意して、涼しい場所にケージを置くようにしましょう。 水分補給も忘れずに。
暑さ対策を怠ると、夏バテ、熱中症、熱射病になってしまいます。
特に長毛種のアンゴラ種、ジャージーウーリー種のうさぎは注意が必要。
一般的には暑さ対策としてクーラーを利用している飼い主が多い。 クーラーを利用する場合は温度を28度以下に設定し、クーラーの風が直接当たらないように注意する。
しかし、室内全体を冷房すると冷え過ぎや冷房病などが心配になります。また電気代もかかりますし…。
そこで、ここではクーラー以外の暑さ対策を紹介していきます。


[うさぎさんのための防暑対策]

風通しのよい場所、できるだけ涼しい場所を選んでケージを置く。

ケージの周囲に冷却材を置く。

暑さ対策グッズを利用する。

水分をたっぷり与える。