静岡県静岡市葵区の動物病院 昭府獣医科
当院・施設紹介 診療スケジュール 健診・検査のススメ 医院からのお知らせ うさぎちゃんのお部屋
トップページ > 人間の想像を超えた 特異な犬猫の行動 > 食べ物を丸のみする早食いの犬 巧みに舌を動かして水を飲む猫


食べ物を丸のみする早食いの犬
巧みに舌を動かして水を飲む猫。
祖先から受け継ぐ習性にびっくり!!

麻布大学獣医学部 教授 太田光明先生の興味深いお話です。
読売生活情報誌『リエール』より
 
犬や猫の様々な行動には人の想像を超えた得意なものがあります。

最近、アメリカの権威ある科学雑誌「Science」に、
猫の水を飲む仕組みを明らかにした興味深い研究が掲載されていました。

猫も犬も長い舌を使って水を飲みますが、両者は明らかに異なった方法で水を飲むようです。
 たとえば、犬は水の中に舌を入れ、舌先を曲げてひしゃくのようにすくいあげて水を飲みます。

この飲み方は容易に想像できる方法ですが、
猫は全く違います。
水に向かってまっすぐ舌を伸ばし、舌先をJの字に曲げてわずかに水につけます。
その瞬間、すばやく舌を引き上げます。すると慣性で舌とともに水が上がってくるのです。
それはまるでストローで水を吸い上げて口の中に運んでいるかのようです。
舌先を引き上げる速さは約0,1秒で、毎秒4回ほど舌を出し入れし、
1回に約0,1mlの水を摂取しているとの報告です。

トラなどほかのネコ科の動物も同じ方法で水を飲んでいるようです。

犬の早食いは有名ですが、猫の舌の早さにもびっくりです。

 Q 餌の丸のみ癖が直らない愛犬。
       獣医さんは心配ないと言うのですが。

 A 犬の早食い、丸のみ癖は祖先であるオオカミから引き継がれたもので、それほど
     心配はいりません。その昔、オオカミは群れを作り、大きな獲物を力を合わせて
     仕留めていました。いつも獲物にありつけたわけでなく、たまに獲た獲物をこの
     ときとばかりにみんなで一気に食べていたのでしょう。
     質問のような丸のみ癖の犬は、満腹感を得られないことが最近の研究でわかって
     います。つまり、いつもお腹をすかせて食に卑しくなっているのです。これを
     直すには餌を少しずつ与えることが必要で、そうすれば犬は咀しゃく(よくかむ
     こと)します。この咀しゃく行動が満腹感を与え、食に対する卑しさをなくすの
     です。