静岡県静岡市葵区の動物病院 昭府獣医科
当院・施設紹介 診療スケジュール 健診・検査のススメ 医院からのお知らせ うさぎちゃんのお部屋
トップページ > おなかの虫を知ろう



おなかの虫ってどんな虫?

 

おなかの虫は、犬や猫だけでなく人にも感染し、さまざまな病害を起こします。

愛犬・愛猫、そして飼い主さん自身の健康のために、

おなかの虫の種類や生態について理解しましょう。




おなかの虫は、「内部寄生虫」または「腸内寄生虫」とも呼ぶように、

動物の腸内(主に消化管)に寄生する虫のことをいいます。


主なものに、回虫(かいちゅう)・鉤虫(こうちゅう)・鞭虫(べんちゅう)

瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)などがいます。


ただし、おなかの虫は、ノミなどの外部寄生虫と違って目に見えず

症状が出にくいため、

どうしても感染を見過ごしてしまいがち。

そのため感染したペットが糞便と一緒に虫の卵を排出し、

飼い主さんも知らない間に、

飼育環境を汚染してしまうことがあります。


*主なおなかの虫の種類


おなかの虫は種類によって、大きさはもちろん、感染経路も異なります。

以下に、犬・猫に寄生する代表的なおなかの虫をご紹介します。


    回虫大きさ:犬回虫18cm以下 猫回虫10cm以下

       虫の卵を口から飲み込んだり、母犬の胎盤や乳汁、母猫の乳汁から

       感染する。

 動物の腸に寄生し、炭水化物やタンパク質を栄養源にする。


    鉤虫大きさ:犬鉤虫2cm以下 猫鉤虫1.5cm以下

       幼虫を口から飲み込んだり、皮膚から侵入したり、母犬の胎盤や

       乳汁から感染する。

       腸の粘膜に咬みつき、血液を吸う。

 

    鞭虫大きさ:7cm以下

       虫の卵を口から飲み込むことで感染する。

       腸の粘膜に咬みつき、血液を吸う。

 

    瓜実条虫大きさ:50cm以下

       幼虫を持ったノミ(中間宿主)などを飲み込むことで感染する。

       腸の粘膜に体を固定し、体の表面から栄養分を吸収する。

 

    マンソン裂頭条虫大きさ:最大12m

       幼虫を持ったカエルやヘビ(中間宿主)などを食べることで

       感染する。

 

    多包条虫(エキノコックス)大きさ:0.20.5cm

       幼虫を持った野ネズミ(中間宿主)などを食べることで感染する。

 

    猫条虫大きさ:最大60cm

       幼虫を持ったネズミ(中間宿主)などを食べることで感染する。

 



おなかの虫の犬・猫への感染

 

おなかの虫の感染には、卵が偶然に口に入ることで感染する「経口感染」

虫自体が皮膚を食い破って侵入し感染する「経皮感染」

母犬・母猫から子 犬・子猫へ感染する「胎盤感染」「乳汁感染」など、

さまざまな感染経路があります。

以下に、おなかの虫の主な感染経路をご紹介します。




?おなかの虫の卵を飲み込んで感染する(経口感染)

おなかの虫に感染した犬・猫の口や肛門のまわり、糞便には、
おなかの虫の卵がたくさん存在します。
感染した犬・猫とのスキンシップや、
道ばたに放置されている
糞便のニオイをかいだときに、
もしそれが寄生虫卵を含むものであれば
誤って卵を飲み込んでしまうことがあります。

例えば犬回虫では糞便中の卵は、

条件が良ければ約1020日で感染力の高い卵

(第3期幼虫、幼虫包蔵卵)となり、1年以上感染力を持ち続けます。



?おなかの虫の幼虫を体内に持った別の生き物を
食べて感染する(経口感染)
犬・猫が、回虫の幼虫を体内に持つネズミ・ミミズ・ゴキブリ(待機宿主)や、
マンソン裂頭条虫の幼虫を体内に持つカエルやヘビなど(中間宿主)を、
噛んで口に含んだり、食べたりしたときに、
これらのおなかの虫に感染することがあります。
さらに、ノミ(中間宿主)を犬・猫が口に入れたときにも、
ノミが瓜実条虫の幼虫を体内に持っていれば、
なかの虫に感染することがあります。


?母犬・母猫から子犬・子猫に感染する

(胎盤感染・乳汁感染)

母犬・母猫の体内に潜んでいたおなかの虫の幼虫が、
胎盤や母乳から子犬・子猫に感染することがあります。


?皮膚から浸入して感染する(経皮感染)
土の中などに潜む鉤虫の幼虫が、皮膚から侵入して感染することがあります。

 

 


おなかの虫の駆除対策

おなかの虫は、目に見えないうえに

実際に寄生されていたときの症状も軽いため、

気づくのは大変困難です。

しかし、発見が遅れると、虫卵が飼育環境に広がり、

飼い主さんにも感染するリスクが高まります。

以下に、おなかの虫の駆除対策についてご紹介します。




*おなかの虫の見つけ方

おなかの虫は、糞便などに混じって肉眼で発見できる虫もいれば、

とても小さく肉眼では発見できない虫もいます。

いずれの場合にしても、寄生が明らかになった段階で

すぐに駆除することが大切です。


  【回虫鉤虫鞭虫】の場合

    おなかの中で成虫になると、糞便と一緒に虫卵が産み出されます。

    ただし、とても小さく肉眼ではわからないため、特別な検査(虫卵検査

    が必要です。


瓜実条虫猫条虫】の場合

     切り離された体の一部(片節)が糞便と一緒に排出されるため、
     肉眼で見つけることができます。
     新鮮な糞便の表面で、白色またはやや赤みを帯びたゴマ粒のよう
なものが
       伸び縮みしていたら、それは瓜実条虫の片節です。



*検便で陰性だからといって、安心はできません

検便で虫卵が見つかれば寄生は確実ですが、陰性であっても安心はできません。

寄生虫にはプレパテントピリオド1があり、その期間中であれば感染していても、

虫卵は見つからないからです(これを見かけ陰性といいます)。

また卵は、糞便中に均等に分布しているわけではないため、

一般的な直接塗抹法2と呼ばれる検査方法では、卵が検出できないことが

あります。

1 プレパテントピリオド:宿主に感染後、虫卵や幼虫などを排出するまでの日数。

その期間は寄生虫によりまちまち。
2 直接塗抹法:スライドグラスに生理食塩水を滴下、少量の糞鞭をとって

撹はんし、顕微鏡で確認する方法。



*おなかの虫の駆除対策は定期駆虫がポイント

前述の方法でおなかの虫が見つかったとしても、駆除薬を飲めばペットのおなかは

キレイになります。しかし、飼育環境に散らばった虫卵までは駆除できません。

糞便と一緒に排出された虫卵は、環境条件が良ければ約1020日で感染力の

高い卵(第3期幼虫、幼虫包蔵卵)となり、1年以上感染力を持ち続けることもあります。
         飼育環境が虫卵で汚染されれば、ペットが再感染をくり返す原因にもなるうえ、

同居のご家族(特に幼児がいる場合は危険)にも感染するリスクが高まります。

したがって、おなかの虫の寄生・健康被害からペットと飼い主さんのご家族を守るために

は、駆除薬の定期的な投与(定期駆虫)が必要です。

駆虫薬

   ワンちゃん用

           錠剤タイプ・フィラリア予防薬と一緒になっているタイプ

     ネコちゃん用

           錠剤タイプ・滴下タイプ(ネコちゃんは飲み薬が難しいため

                                 滴下式がおすすめです)




おなかの虫が犬・猫に

引き起こす病害

おなかの虫が犬・猫、さらに人に寄生した際に引き起こす、主な病害(症状)をご紹介します。

おなかの虫は、犬・猫の消化管にすみついて、

消化物を栄養源にしたり腸に咬みついて血液を吸います。

そのためたくさん寄生すると犬・猫に以下のようなさまざまな病害(症状)を引き起こします






*犬・猫に引き起こす病害 子犬・子猫は特に注意!

子犬・子猫の場合、検便で発見される前に深刻な症状になり、

命に関わることがあります。

  元気がなくなる

  動作が鈍くなる

  消化不良や下痢を起こす

  おなかがふくれる

  異嗜(いし)症1を起こす

  発育不良を起こす

  粘血便2や貧血を起こす

1 異嗜症:食べ物ではないもの(糞や石、紙など)を食べる病気のこと
2 粘血便:粘り気のある血便のこと


*人に引き起こす病害

【犬猫回虫症】

    室内や公園の砂場、あるいは犬・猫の毛に付いた回虫の卵が口から入る

    ことで感染。

    回虫が幼虫のまま内臓や目、皮膚の下、脊髄などに移行して、さまざまな病害を

    もたらします。

    幼児への感染は重症化しやすく、特に注意が必要です。

    また大人でも、大量の卵が入った場合には、重篤な症状を引き起こすことが

    あります。


【瓜実条虫症】
    瓜実条虫はノミが媒介します。
    愛犬・愛猫とスキンシップした時や、愛犬・愛猫に寄生したノミを人が

手でつぶした時、幼児がノミのいるカーペットをなめたりしたときなどに、

はずみで口に入って感染します。

    主に下痢などを引き起こします。


【エキノコックス症】(多包条虫症)

    北海道に生息するキタキツネへの寄生で有名ですが、室内犬や猫にも

    感染します。

    人へは、感染動物の排泄物に含まれる虫の卵が口に入ることで感染します

    感染後510年は自覚症状がありませんが、幼虫のまま肝臓内で増殖。

    次第に重い肝機能障害を引き起こし、放置すれば血流やリンパ流にのって

    全身に転移し、90%以上が死に至る恐い病気です。

      ※札幌周辺のキタキツネの約50%がエキノコックスに感染している

       ともいわれています(北海道大学ホームページより)。

       旅先でむやみに触ると危険です。





人への感染経路・赤ちゃんや小さい子供さんがいらっしゃるご家庭のかたは

こちらをご覧下さい→〔おなかの虫の人への感染〕