静岡県静岡市葵区の動物病院 昭府獣医科
当院・施設紹介 診療スケジュール 健診・検査のススメ 医院からのお知らせ うさぎちゃんのお部屋
トップページ > 子宮蓄膿症

子宮蓄膿症

子宮は、女の子のワンちゃんネコちゃんの腹腔内にあるY字型の生殖器官です。

子宮蓄膿症は、この子宮内に細菌感染が起こることで膿が溜まり、

さまざまな症状を引き起こす病気です。


  【原因】
    子宮内部の子宮粘膜に、大腸菌などの細菌感染が起こることが原因となります。
    女性ホルモンの影響を受けやすく、特に子宮粘膜が増殖している発情後期に

    細菌感染が起こりやすいため、避妊していない中高齢以上のワンちゃんネコ

    ちゃんでの発症が多いようです。

 

  【症状】
    開放性子宮蓄膿症 : 外陰部からの異常な(血液や膿状の)分泌物、

    多飲多尿、元気消失、食欲不振、嘔吐などの症状が

    みられます。さらに、重症になるとショックを起こし、

    死に至ることがあります。


  閉塞性子宮蓄膿症: 外陰部からの分泌物はみられず、腹部膨満や多飲多尿、

            元気消失、食欲不振、嘔吐などの症状がみられ、

           重症になるとショックを起こし、死に至ることが

           あります。

           外陰部からの分泌物の排出がないため、開放性子宮

           蓄膿症より症状が重くなってから病気が発見される

           ことが多いようです。

            膿が溜まり、摘出した子宮


  【治療】
    多くの場合、外科的に卵巣子宮摘出術(避妊手術)をすることで治療を行い

    ますが、ワンちゃんネコちゃんの健康状態や飼い主の意向などによって

    手術を行なわない場合には、抗生物質やホルモン剤の投与などで内科的治療

    を行うこともあります。


  【予防】
    発症に女性ホルモンが関与している(加齢とともに繰り返される発情によって、

    子宮蓄膿症が発生する危険性が増加するといわれています)ので、若いうちに

    避妊手術をすることが予防につながります。

    また、陰部からの異常な分泌物や多飲多尿などの異常がみられた場合は、

    早めに動物病院にご相談ください