静岡県静岡市葵区の動物病院 昭府獣医科
当院・施設紹介 診療スケジュール 健診・検査のススメ 医院からのお知らせ うさぎちゃんのお部屋
トップページ > 皮膚病の原因って何だろう? > 膿皮症
膿皮症
皮膚の表面には、ブドウ球菌やマラセチアなどが常在しています。
通常は皮脂や細胞性免疫などの表皮バリアで守られ、
皮膚そのものへの侵入は防がれていますが、
皮膚が不潔だったり、他の皮膚炎にかかっていたり、免疫力が低下したりしていると、
ブドウ球菌に感染し、膿皮症を発症します。

【症状】

      主に顔や指の間、わき、内股などに赤みや痒みがみられ、
      強い痒みから、かんだり引っかいたりして脱毛を招くこともあります。

【治療】
      治療は、抗菌剤を含むシャンプーによるスキンケアが中心。
      皮膚感染が慢性化している場合には、抗生剤による治療が必要です。
      膿皮症になりやすい犬種として、ゴールデン・レトリーバーやビーグルなどです。





                   皮膚病の原因って何だろう?

                   疥癬症

                   毛包虫(ニキビダニ・アカラス)症

                   ノミアレルギー皮膚炎

                   マラセチア性皮膚炎

                   皮膚糸状菌症

                   アトピー性皮膚炎