静岡県静岡市葵区の動物病院 昭府獣医科
当院・施設紹介 診療スケジュール 健診・検査のススメ 医院からのお知らせ うさぎちゃんのお部屋
トップページ > 皮膚病の原因って何だろう? > 皮膚糸状菌(真菌)症
皮膚真菌症
真菌とは、カビのことです。
カビには色々な種類がありますが、
その中でも糸状菌といわれるグループのカビによって皮膚病が起こります。


【原因】
  原因となる糸状菌の中には、犬小胞子菌、白癬菌、石膏状小胞子菌などがあります。
  これらのカビは、胞子を空気中に飛び散らしながら生きていますから、空気中から感染して
  しまいます。

【症状】
  毛の根元に菌の胞子がつくと、胞子は毛根の中に菌糸を伸ばしていきます。
  菌糸に侵された毛は切れてしまいます。
  この連続で、円形状に脱毛が進み、全身に広がっていきます。
  足先、耳、顔、目の周囲、頭などに発症します。
  真菌性の皮膚炎の場合、痒みがほとんどないのが特徴です。

【治療】
  真菌は全身に及んでいるので、局部を洗うくらいでは真菌を落とすことが出来ません。
  完全に真菌を殺すためには、長期間かけて徹底的に治療することが必要です。
  治療方法としては、カビを殺す薬で薬浴を行います。
  皮膚の状態に応じて抗生物質を使うこともあります。
  また、真菌症は人間にも感染することがあるので、抵抗力の弱い高齢者や幼児に
  うつらないように、手や指などを念入りに洗って消毒するように心がけましょう。




                    皮膚病の原因って何だろう?

                    疥癬症

                    毛包虫(ニキビダニ・アカラス)症

                    ノミアレルギー皮膚炎

                    膿皮症

                    マラセチア性皮膚炎

                    アトピー性皮膚炎