静岡県静岡市葵区の動物病院 昭府獣医科
当院・施設紹介 診療スケジュール 健診・検査のススメ 医院からのお知らせ うさぎちゃんのお部屋
トップページ > 皮膚病の原因って何だろう? > ノミアレルギー皮膚炎

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミは血を吸うときに、ペットの皮膚の中に唾液を注入します。

その唾液に対して免疫反応がおこり、

アレルギー体質のペットが過剰に反応して、

ひどい皮膚炎をおこしてしまうのがノミアレルギーです。

アレルギー反応は、異物が少量であっても起きてしまいます。

アレルギー体質の犬や猫の中には、たとえノミの寄生が少数でも、

ひどい皮膚炎になってしまうことがあります。

  • 《症状》
  •     ノミアレルギー性皮膚炎は、背中や尻尾の付け根周辺によく現れます
  •     皮膚に発疹が見られ、毛が抜け、激しいかゆみがあります。
  •     ペットはかゆみを我慢できないので、そのままにしておくと、
  •     口で噛んだり後足でひっかいたりして、皮膚の表面に傷を作り、
  •     そこから細菌感染をおこして、更に悪化させてしまいます。
  •     皮膚炎のあるところでノミが見つかることはあまりなく、
  •     ノミが原因であることが、なかなかわかりにいということもあります。

《治療》

   皮膚炎の治療には、抗アレルギー剤や消炎剤、皮膚を強化させるための

   必須脂肪酸などを使い、炎症や痒みを和らげることも必要となりますが、

   まずはノミを駆除すること、これが最も大切になります。

   ノミを駆除する薬は確実性と即効性があるものを動物病院で処方

   いたします

   アレルギー性皮膚炎は、一度かかってしまうと、治すのにとても時間が

   かかる病気です。

   かゆみがおさまり、毛がすっかり生えるまでには何カ月もかかることが

   あります。

   ペットにとって、アレルギー性皮膚炎はとてもつらい病気なのです。

   だからこそ、日頃からノミの予防対策を行うことが重要です。      






                              皮膚病の原因って何だろう?

                              疥癬症

                              毛包虫(ニキビダニ・アカラス)症

                              膿皮症

                              マラセチア性皮膚炎

                              皮膚糸状菌症

                       アトピー性皮膚炎