当院・施設紹介 診療スケジュール 健診・検査のススメ 医院からのお知らせ うさぎちゃんのお部屋
トップページ > 熱中症って何でしょう?
 
熱中症って何でしょう?
熱中症は日射病や熱射病などの総称で、
夏場などの温度の高い時期に特に注意したい病気の一つです。
直射日光や温度の高い環境下に長時間いることや
運動を続けることなどによって体温が上昇し、
体温調節機能が正常に機能しなくなってしまうために
さまざまな症状を引き起こす病気です。

特に、パグやシーズー、ペキニーズ、ブルドック、フレンチブルドックなどの
鼻が短い短頭種のワンちゃんや
肥満気味のワンちゃんに
起こりやすいといわれているので注意が必要です。
ネコちゃんはワンちゃんに比べると、暑さに強い動物のため、
熱中症になる確率は少ないといわれています。

【原因】




全身が被毛に覆われていて体温が放散しにくいことと、人のように全身から汗を
かいて体温を下げることが出来ないためです。
 ワンちゃんは足の裏と花には汗をかく汗腺がありますが、主に口を開き、浅く速い呼吸をおこなうパンティングとよばれる呼吸方法により熱を放散し、体温を調節しています。

【症状】




体温が急激に上昇し、激しいパンティングや呼吸困難、多量のよだれ、足元の
ふらつき、虚脱(ぐったりすること)などの初期症状が起こります。
その後、嘔吐や下痢、チアノーゼ(舌や粘膜が真っ青になる症状)などが起こり、重症になるとけいれん発作や意識の喪失、ショック症状(血圧低下などの症状)を起こし死に至る場合があります。

【応急処置】




体温が高くなっている場合は、まず体を冷やすことが重要です。
体に冷たい水を直接かけたり、濡らしたタオルで体を覆ったりするほか、タオルを巻いた保冷剤や氷枕を首の頚動脈の部分や内股、腋下などの被毛や皮膚が薄く体温が下がりやすい部分にあてて冷やすことも効果的です。
また、意識があり、水が飲めるようなら新鮮な水を十分に与えましょう。
処置後はすぐに動物病院で診てもらいましょう。

熱中症になりやすい場面と対策
 【車の中】 




ちょっとしたお買い物などワンちゃんやネコちゃんと一緒に車で出掛ける方が多いですね。またこの時期は、ドライブやキャンプを楽しむワンちゃん連れのご家族もみかけます。
でも、エアコンを止めた閉め切った車の中の温度は、あっという間に高温へ急上昇。『日陰だから・・・』『曇り空だから・・・』『ほんの少しの間だから・・・』『窓を少し開けておくから・・・』と、油断するのは絶対ダメ!
            
【予防と対策】




*閉め切った車内に残さない
ワンちゃんもネコちゃんも閉め切った車内に残したまま離れてはいけません。
必ず一緒に車外に連れて出てください。炎天下の夏だけではなく春や秋の季節
でも車の中は予想以上に高温になり熱中症の事故が起きることもあります。
十分に注意してください。車に乗せて出掛けるときも首輪や胴輪・リードを忘れずに携行しておきましょう。車外に出るときはしっかりリードで繋いで一緒に出ましょう。
車を離れてもワンちゃん・ネコちゃんと一緒に入店が許されている場所はあまり多くありません。あらかじめ、行き先の状況を調べておきましょう。
     
                                     
【閉め切った室内】




閉め切った室内も、車と同様に室温が高くなるので、〔ワンちゃん・ネコちゃんだけのお留守番〕には要注意。
特にケージやサークルに入れたままでは、高温となった室内で、涼しい場所に移動することも出来ずに熱中症になってしまいます。室内を自由に移動できるなら、自分で涼しい場所(風呂場のタイルの上、玄関など)を探して歩くことも可能ですが、 真夏の閉め切った室内は、太陽がまともに差し込み、機密性の高い集合住宅では 風も通らないので想像以上に室温は上昇します。
                                                                                         

【予防と対策】




*エアコンを使用する
ワンちゃん・ネコちゃんだけのお留守番の場合はエアコンを使用することをお勧めします。出掛けるときには防犯のため、窓や戸を開けたままに出来ません。
いくらカーテンやよしずを利用したり、クールマットを使っても閉め切った部屋では室温が上がってしまい危険です。
扇風機だけを利用しても、閉め切った温度が上がった室内では体を冷やす効果は
ほとんど得られません。
人間ですと扇風機の風で、汗が蒸発するので涼感を得ることが出来ますが、汗を
かかない犬は風が当たっても涼しいとは感じないからです。扇風機だけでなくエアコンとあわせて利用すれば効果は上がります。
室内と屋外との極端な温度差は犬の体にもよくありません。エアコンでの冷やし
すぎに気をつけ、適温で稼動させるようにしてあげてください。
       


【屋外の繋留】




直射日光のあたるような場所に、ワンちゃんを繋いでおくことは絶対にやめましょう。屋外で飼われている場合、短いリードに繋いで、炎天下で身動きが出来ない状態では、熱中症になってしまう危険があります。
広く動けるようにと長いリードに繋いでも、逆にリードが絡まってしまい、動きが制限されてしまう場合もあります。屋外に繋留する場合には、日陰に逃げることが出来ないと熱中症になってしまいます。
場所も、コンクリートの上などでは、かなりの高温になっているので大変危険です。

【予防と対策】




*室内に入れる
せめて厚い時間帯だけでも玄関や空調が入る場所に入れてあげましょう。
*日陰を作る
どうしても屋外飼育する場合には、日陰になる涼しいところ、適度に風が流れて熱がこもらないところに繋留または小屋を置くようにします。
ただし、直射日光が当たらなければそれで良いということでは決してありません。
風通しが悪かったり、コンクリートの上など熱を持ちやすいところは日陰になっていても気温も上がりますし、時間が経てば日陰の位置も変わります。
ワンちゃんだけでのお留守番は要注意です。
犬小屋によしずなどを立てかけてあげるのも効果的です。
水をまいて地面を冷やしてあげる工夫をしてあげましょう。
お買い物のときなど店の先に一時的に繋ぐ場合も同様に注意してください。
*飲み水を欠かさない    
新鮮な水をいつでも飲めるようにしておき、脱水症状にならないようにしましょう。