静岡県静岡市葵区の動物病院 昭府獣医科
当院・施設紹介 診療スケジュール 健診・検査のススメ 医院からのお知らせ うさぎちゃんのお部屋
トップページ > 予防注射
 
                             

はちラインワクチンって何だろう?
どうしてワクチンが必要なの?

                                             
子犬、子猫を飼うとき、ペットショップなどでまず言われますよね?
      「ワクチンは1回目はもう済んでいます」
      「ワクチンはまだ打っていません。必ず打ってください」…って

では一体ワクチンって何なのでしょうか?




どうしてワクチンがそんなに重要なのでしょうか?
ワクチンというのは簡単に言ってしまうと
『病気が発現しない程度に弱らせた病原体、
あるいは死滅させた病原体やその一部分を体に入れることで、
体にその病気に対する準備をさせ、
その後

その病気にかかっても発症を抑える、
もしくは発症しても症状を軽く済ませる』

というものです。
ですから、ワクチン自体が病気を抑えるというよりも、
ワクチンによって体の抵抗力を高めさせると言った方がよいでしょう。
体の中に抗体
(ウイルスや細菌などにくっつき、病原性を失わせる働きを持つたんぱく質)
というものを作らせ、
次に同じ病原体が入り込んだら、
すかさず攻撃ができるように免疫力をつけておくのです。

どうしてワクチンが必要なの?




犬や猫のワクチンは、
   特効薬がない病気
   発症すると非常に重篤になる病気
   感染力がとても強い病気
   人にも感染する恐れのある病気に対して作られます。
そして、これらの病気は悲しいことにまだまだあちこちで発生している、すなわち、すぐ近くに病原体が潜んでいる病気なのです。
病原体はおしっこや糞に含まれていたり、空気中をただよって他の子に広まっていきます。
つまり何気ない他の犬や猫との交流、お散歩などで簡単に感染してしまうことがあるということです。
病原体に感染してしまった後で、治療法がない、
ワクチンを打っておけばよかった、という後悔はしたくないですよね。